スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しいたけの自家栽培してます。 

大漁です
我が家の自家製しいたけです。かなり気温が下がってきましたのでシーズンも終わりに近いですが、昨年「楢の木」の程よい太さの枝が手に入ったので自分で原木に菌を植えたので紹介しますね。

楢の木

まず栽培用の原木に適した木は、ナラ・クヌギ・シデ・シイ・クリなどが適してます。伐採の時期も紅葉が落葉になる時期~木の芽が出るまでの時期がいいです。適度な太さは直径5cm~10cm位で長さは1m位に揃えてあったほうが後で管理しやすいですよ。一番の難関はこの原木の入手だと思いますので運良く手に入ったらもう後はひたすら作業のみです。

次に必要なのが「しいたけの菌」と「穴あけの専用ドリル刃」です。
しいたけの菌はネットでも入手は簡単ですが、少しマニアックな品揃えのホームセンターが近所にあれば電話で確認してみてください。
ちなみに私は「ビバホーム」の新札幌店にて入手しましたが、菌の「種駒」が100個入って100円でした。見つけたときは安すぎて値段をつけ間違ったんじゃないかとお店の方に思わず聞いちゃいました。(笑)こんな箱に入ってます。  ↓
しいたけの種

ついでに種駒を木に植え付ける為に普通のドリル刃だと上手く行きませんので専用の専用のドリル刃を入手してください。私は「ホーマック」の電動ドリル刃のコーナーで見つけました。確か値段は800円くらいだったような(記憶が薄くてスンマセン
しいたけダボ専用ドリル

専用のドリル刃だけあって穴がちょうど良く開くようにストッパーが付いてますから安心です

次に木の端から5cm位のところに、記念すべき1個目の穴を開けて、次の穴まで20cm間隔で直線になるように穴を開ける。(長さ90cmであれば5個の穴、1mなら端を10cmにして同じく5個開きます)
2列目は20cm間隔の穴の中間から5cmほどずらして、先ほどと同じく20cm間隔で空けてください。この列は結果的に4個の列になります。
3列目は同じく5cmずらして1列目と同じように空けてください。

ここから最終の作業です。
先ほど開けた穴に「種駒」を、金槌・木槌などで打ち込みます。軽く打つだけで入りますが、菌の塊の中に駒木(ダボ)が入ってますので、種駒だけを打ち込むと菌が大量に無駄になります。
もったいないので、種駒をばらして余った菌は開けた穴の中に入れたほうが良いと思います。
駒は木肌より少し中に沈むのが理想ですので、手持ちの道具(ドライバーのグリップエンドなど)を使って工夫してください。

先ほどの種駒の箱にも詳しい説明書が入ってますが、「菌が周る前に雑菌が入ると駄目になるよ」との、先人の教え(母ですが)により、打ち込んだ駒の部分に溶かした蝋(普通のろうそくでオッケーです。別に赤いのが良いという方はそれでも問題はありませんが)を割り箸の端で塗りつけました。蓋ですね(笑)

これにて作業は完成です。後は、地べたにベタっとならないように片側の端に枕になる木を敷いて並べてください。最初の年はこのまま6月くらいまで置いといて、週に2~3回くらい散水して保湿させてください。但し梅雨時期は散水は必要ないですが、水に漬かり過ぎるので日陰に立てかけるようにしてください。
秋位まで程良い状態が保てれば、初年度は数個位の収穫があるかも知れませんよ。
本格的な収穫は翌年からですが、新鮮なシイタケを数年、上手く行けば7~8年くらいは持ちます。
本日のしいたけ

採りたてのシイタケをバター焼きにして、醤油をサッとかけて食べると最高ですよ。

もし原木を手に入れることが出来たら意外と、書いた以上に簡単ですし、とっても美味しいですからチャレンジしてみてくださいね~

スポンサーサイト

自家製トマトケチャップのレシピです。 

自家製トマトケチャップ
鍋でグツグツ煮込んでる時の写真です。ブクブクと泡立っているので見栄えは良くないですが、冷えてから実際に、味見するととっても美味しいですよ。
このレシピは農家をしている親戚がいて、出荷できない大量のトマトを無駄にしないで利用する為に考えたレシピの一つです。最初に作ったのが「100%トマトジュース」で、趣味みたいに作って近所に配ったら評判で、ジュース工房まで作ってビン詰めジュースを「太●のひとみ」と言う名前で売り出した事もあるんですよ。限定数十~数百ですが。実際にあのNHKでも紹介されたみたいですし、今年は「日本ハムファイターズ」の人気マスコットの「ビービー」が手伝いに来ました。
スッゴク邪魔してたみたいですが(笑)
その次に人気のレシピがこの「自家製トマトケチャップ」です。
煮込むのに少し時間はかかりますが、作り方は簡単ですので紹介しますね。

<自家製トマトケチャップのレシピ>

材料A 
     トマト        3Kg~3.5kg
     玉ねぎ       中1個
     ニンニク      1欠片
     赤南蛮       1本~2本
材料B
     ナツメグ      小さじ 2分の1
     シナモン      小さじ 2分の1
     食塩        大さじ 5杯
     オレガノ      大さじ 2分の1
     砂糖        600CC
     酢         大さじ 3杯
     コショウ      小さじ 2分の1
     オリーブオイル  少々
     バジル       少々

作り方・・・①材料Aを出来るだけ細かく刻み(フードプロセッサーが便利)、
        大き目の鍋に入れ弱火で半分の量になるまで煮込む。
        そのさいお好みですが、トマトの皮はむかなくても良いです。我が家もそのままです。

       ② ①の鍋に材料Bを入れて味をととのえる。
        その際Bの各材料は最初全量を入れずに味見をしながら加減してください。
        
 材料と作り方は以上です。保存の為のビンは密閉容器を用意し、事前に煮沸等をして準備したビンを使用してください。スパイスも効いてますし煮沸をしっかり行い滅菌しておけば冷蔵庫にて1ヶ月位は持つと思います。
このケチャップと1番相性が良いのはヤッパリ、パスタですね。もしトマトを大量に貰った、自分で作りすぎた場合は是非オススメします。モチロン用意したトマトの量に合わせてトマトが1.5kgなら他の材料も各半分と基準の分量も変化します。
写真写りの悪い(笑)トマトケチャップですが美味ですので紹介しました。
美味く出来た・こんなアレンジを作った方は是非連絡くださいね。

サギ君発見! 

サギ君←コサギ?君を見つけました。
江別市を流れる石狩川河畔の茂みに営巣していると言う話は良く聞いていて当別~新篠津辺りの水田の畦道とかでよく見かけるようです。
少し遠いのではっきりしませんが、推測すると「コサギ」かなっ?
畑の中を走る道路から見てると何度か見かけるんですが中々距離があって近くに寄れませんでした。
このポーズを5分近く保っていたり、結構マイペースでしたよ。
コウノトリ目サギ科で、鳴き声は「グワー 」とか「ゴワー」と鳴くようです。あまり聞きたくないような
近くに行ったら少しの寄り道でも見れるかも知れませんよ。

昨日の朝に待ちに待った来客が来ました。
秋から冬にかけて我が家の定番の「アカゲラ」と「カケス」が同時に降臨!
写真をと思ったらあっという間にどこかに隠れてしまいました。原因は近所の猫。
撮影に失敗したので昨年撮った写真をアップしますね。

アカゲラ

カケス

今年の写真は撮り次第アップしますね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。