スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館の朝 

朝は穏やかな天気に恵まれ気持ち良い天気。
部屋の窓を開けて外を見ると何やら.....飛んでる~

よくよく見ると、ツバメの大群です。それにしてもこんなに近くにどうして?と観察してると時々頭上に消えていく。
窓から身を乗り出して頭上を見るとあった!

?なにかいる?
親はどれ?
壁と屋根の間の角に巣が点在していました。私からの距離は2m位で、親鳥も警戒しているのは中々近くに来ても直ぐにUターンしてしまいます。
警戒を解くために出来るだけ動かないでいると、
ツバメや!
やってきた親鳥が、巣に留って餌をやっていました。
ツバメって確か飛びながら、空中で虫を採ってくるんだよな~なんて思っていたら、また親鳥が??
みんなで子育て
なんだか、争って餌をあげているような? ツバメって群れで子育てするんでしょうか?

スポンサーサイト

五稜郭タワー 

前回の函館編の続きです。

ドンドン遅れていますが、めげずに一気に紹介しますね(笑)

津軽海峡の漁火2

行った日はあいにくの天候で、函館山の夜景にもチャレンジしたのですが、2合目くらいから濃い霧にはばまれただ山頂のみやげ物やで時間つぶしをして帰ってきました。

残念無念ですが、湯の川のホテルに戻って外をみると漁火が水平線に綺麗に浮かびあがっていました。
夜景の借りは夜景で返すぞ!と、漁火ばかりをパシャパシャ。
津軽海峡の漁火3
漁火って漁船がイカの群れを探して、移動しながら漁をするので少しの時間で結構変化するんですよ
漁火ラスト
本当にこの日は、穏やかな波で写真ではわかりにくいですが、光が放射状に細かな波に反射してずっと見てても開きませんでした。
皆さんも函館にお泊りの時は是非海側の部屋をとって、漁火鑑賞して見てください。

月に一度じゃ.... 

「月に一度の更新じゃ、休眠ブログ並みの勢いしかないよな~」なんて、訳のわからん事を考えているより「先ずは投稿あるのみ!」と、奮起して何とか記事を書いてみました。

前回の函館編も、古くなりすぎて情報とは言いがたい鮮度ですが、リハビリ中に免じて許してくださいね

今年の北海道はかなりらしくない夏が6月頃から続いていまして、30度オーバーの気温が続いたと思うとシトシトと、長雨が続く....
北海道の夏は「カラッとしてて、ぬけるような青い空、澄んだ空気、まばゆいばかりの新緑」なんてのは、無いまま8月も終わりそうなそんなおかしな夏でした(まだ終わっていません!)

そんなこんなで、前回の記事にも書きましたが祈りながらの函館旅行も予定通りの天候でした

最新情報でお知らせする予定だった、五稜郭公園の新名所「函館奉行所」の仕上げ工事画像も、今となっては出しづらいんですが、逆に工事中の画像は手に入らないから逆にレア?なんて自分を励ましつつ紹介しますね。

「函館奉行所」遠景1
五稜郭タワーより
五稜郭のお堀
↑画質落としすぎて、不鮮明になってしまいました 後日写真はアップしなおします。

タイトルで終わっていた函館旅行編です。 

お久しぶりです って誰に挨拶してるのか自分でもわからないくらい久しぶりなので、誰も見てないかな?

今年は母親と、叔母の陰謀?で函館に行ってきました。
あいにくと今年の北海道は7月の天候が雨&曇りの毎日で心配した割には何とか天候は持ってくれました。
日頃の行いが良いから? えっ? 関係ない? 失礼しました

行きは札幌方面からですので、中山峠で休憩をとり名物の「揚げイモ」を堪能!
すみません写真を撮る前に食われてしまい紹介できません。
北海道の中でも中山峠近郊はジャガイモの名産地で、そのホクホクのジャガイモにころもを付け油で揚げただけの
シンプルなものなんですが、乗用車から観光バスまで立ち寄った方の多くが食べてましたよ
イモを食べながら、遠くを見たら蝦夷富士と言われる明峰「羊蹄山」が見えない
今年の北海道の天気を象徴するような分厚い雲海に包まれていました。残念

ここからは一気に函館めざしてましたが、どんどん怪しげな雲を見上げているうちに無事到着~!
まともな写真も撮らずに着いてしまった

近くて遠い富良野・美瑛。 

美瑛の丘風景2←この時期の富良野美瑛は綺麗な花が咲き乱れてとっても綺麗ですよね。
私の住んでいる地域から車で、2時間位で富良野には行けるんですけど、なかなかプラ~っと出掛けるほどは近くないです。富良野デリスニングルテラス麓郷の森(来たの国から)・美瑛の丘美瑛拓真館(写真家 故前田慎三氏の写真館)などは何度行っても(本当は、そんなに行ったことは無いんですが....)時間を忘れて、ゆっくりその場に佇んで見たいななんて思います。
美瑛の丘風景1←この写真は、以前撮った美瑛の風景ですが、下の写真を撮ったとき??と、思いよく見たら一本だけカワイイ向日葵が顔を出してるのが面白いな~なんて思ったんですよ。下の写真をクリックしたら、一枚目の向日葵が見つかりますよ。 ラベンダー・ワイン・チーズなど有名どころは多いですが、富良野・美瑛の風景の中でゆっくり時を過ごすのが一番の贅沢かも知れませんね。

追伸:今年は「麓郷の森」に、ヒグマが確か出たので立ち入り禁止の可能性もありますから、行かれる前に事前確認をしてからの方が良いですよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。