スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャージャー麺作りました 

今日紹介した「おつメシ道場」と、言う本を見て作った初レシピを紹介しますね

レシピNO73番の「ジャージャー麺風ラーメン」を、作ってみました!

材料(1人分)は、合びきの挽肉を100g・ラーメン1玉・もやし2分の1袋・A(テンメンジャンか味噌でも大丈夫)大さじ1・日本酒大さじ1・醤油大さじ2分の1)です。
テンメンジャンは、今回切れていたので冷蔵庫にあった、コチュジャンの甘いのと辛いのを半分ずつ使いました。

作り方は、簡単!  1)麺はあらかじめ茹でておいてしっかり水を切る。 2)挽肉をフライパンで色が変わるまでしっかり炒める。 3)Aを加えて更に水気がなくなるまで炒めて、水気を切ったモヤシを加えて10秒!
4)後は、茹で済みの麺に、炒めた具を載せてパクパク!

美味いよ~!後は途中で味を確認して濃い目が好みの方は、少しの醤油を垂らすか、テンメンジャンを加えてくださいね。隠し味にレシピには無いのですが、砂糖を本の少し加えても味に深みが出ますよ
レシピNO73「ジャージャー麺風ラーメン」

これマジに美味しかったですよ。簡単だし合びきの挽肉は100g100円位から買えますし、モヤシは20~30円位?で買えますからちょっとした、インスタント麺の予算で美味しい「ジャージャー麺風ラーメン」が、出来ます。是非作ってみてくださいね

スポンサーサイト

自家製トマトケチャップのレシピです。 

自家製トマトケチャップ
鍋でグツグツ煮込んでる時の写真です。ブクブクと泡立っているので見栄えは良くないですが、冷えてから実際に、味見するととっても美味しいですよ。
このレシピは農家をしている親戚がいて、出荷できない大量のトマトを無駄にしないで利用する為に考えたレシピの一つです。最初に作ったのが「100%トマトジュース」で、趣味みたいに作って近所に配ったら評判で、ジュース工房まで作ってビン詰めジュースを「太●のひとみ」と言う名前で売り出した事もあるんですよ。限定数十~数百ですが。実際にあのNHKでも紹介されたみたいですし、今年は「日本ハムファイターズ」の人気マスコットの「ビービー」が手伝いに来ました。
スッゴク邪魔してたみたいですが(笑)
その次に人気のレシピがこの「自家製トマトケチャップ」です。
煮込むのに少し時間はかかりますが、作り方は簡単ですので紹介しますね。

<自家製トマトケチャップのレシピ>

材料A 
     トマト        3Kg~3.5kg
     玉ねぎ       中1個
     ニンニク      1欠片
     赤南蛮       1本~2本
材料B
     ナツメグ      小さじ 2分の1
     シナモン      小さじ 2分の1
     食塩        大さじ 5杯
     オレガノ      大さじ 2分の1
     砂糖        600CC
     酢         大さじ 3杯
     コショウ      小さじ 2分の1
     オリーブオイル  少々
     バジル       少々

作り方・・・①材料Aを出来るだけ細かく刻み(フードプロセッサーが便利)、
        大き目の鍋に入れ弱火で半分の量になるまで煮込む。
        そのさいお好みですが、トマトの皮はむかなくても良いです。我が家もそのままです。

       ② ①の鍋に材料Bを入れて味をととのえる。
        その際Bの各材料は最初全量を入れずに味見をしながら加減してください。
        
 材料と作り方は以上です。保存の為のビンは密閉容器を用意し、事前に煮沸等をして準備したビンを使用してください。スパイスも効いてますし煮沸をしっかり行い滅菌しておけば冷蔵庫にて1ヶ月位は持つと思います。
このケチャップと1番相性が良いのはヤッパリ、パスタですね。もしトマトを大量に貰った、自分で作りすぎた場合は是非オススメします。モチロン用意したトマトの量に合わせてトマトが1.5kgなら他の材料も各半分と基準の分量も変化します。
写真写りの悪い(笑)トマトケチャップですが美味ですので紹介しました。
美味く出来た・こんなアレンジを作った方は是非連絡くださいね。

「生ふりかけ」作りました。 

実はわたくし、最近良く聞くいわゆる「弁当族」なんです。
以前ネットで九州の「生ふりかけ」を買ってみたことがあるんですが、これが美味しかった~ 
てなわけで自作する為、近所のスーパーに行って材料を買ってきました。

 主材料は 
   ちりめんじゃこ  50g(30g~50g)
   かつお節      9g (小分けのパックが便利です)
   塩昆布      20g 
   いりごま     大さじ 2

 調味料は    
しょうゆ      大さじ 1
   砂糖        大さじ 1
   みりん       大さじ 1
   酢         大さじ 1
   ごま油       大さじ 1

作り方は  
①調味料を合わせて混ぜる。
                   
②主材料をボールなでの中で混ぜ、その上から①をかけて混ぜる。
 
たったコレだけ。材料を混ぜるだけの簡単レシピですが意外といけます。味は好みで、濃いめがお好みならしょう油の量を増やし、甘めなら砂糖&みりんで加減してください。

出来上がりはこんな感じになりました。ジャコと鰹節の簡単生ふりかけ
写真の写りが悪いですが、味は良かったですよ。

作ってみて(混ぜてみて?)思ったのは、今回買ってきたジャコは乾燥してるタイプで、量が多いと口の中でチクチクするので、塩乾(干物)コーナーに半生に使いタイプがあるので、そちらがソフトになるかも。半生タイプを使うなら、桜エビなどの小エビを入れるのも良いですよ。
くれぐれも刺激に飢えてる方以外は、乾燥タイプ+桜エビは避けたほうが良いかもです(笑)
お好みで、刻み海苔を入れたり、調味量の比率をアレンジしたりで簡単にバージョンアップできます。
だって混ぜるだけですから(笑) もし実際に作ってみて、不味い&美味い等の感想がありましたらメールフォームに書いてくださいね。  今後のblogにて発表したいと思います。もちろん、生ふりかけ情報もお待ちしています。                            北の弁当男より(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。