スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渡辺裕一 「復讐者たち」 

遅れましたが先日紹介した、渡辺裕之氏の「復讐者たち」を読み終えました。

復讐者たち (傭兵代理店) (祥伝社文庫)復讐者たち (傭兵代理店) (祥伝社文庫)
(2008/07/24)
渡辺 裕之

商品詳細を見る

今回も期待に応えてくれました。著者と同姓同名の俳優の「渡辺裕之」さんも、映画化されることがあったら是非出たいと言ってるみたいですよ。
私も最初は俳優の渡辺さんが書いてるの?なんて勘違いをしてました。

主人公の藤堂(コードネームはリベンジャー)と仲間の傭兵&傭兵代理店スタッフを中心に、サミットを前にした東京で起きた50口径「デザートイーグル」を使った外国人連続殺人犯を追うところから始まり、米CIA、特殊部隊のタスクホースとの戦いと内容は盛りたくさんでした。
いつもながら読み終わったあとの爽快感は格別ですよ。
疲れ気味の元気の無いときにはこんな、長編ハードアクションがオススメです。
読み終わったばかりですが次回作が待ち遠しいです。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。